女の顔を見せてもらおう!

そしてホテルです。もちろん、ホテルの料金もありさが払ってくれました。ここまでされると、何やら嬉しいやら申し訳ないやら。しかし、そこは割り切って、ベッドの上でお返ししようと調子の良い解釈をする事に決めました。しかし驚きました。

ありさは子供がいると聞いていたのですが、その裸体というのは素晴らしいものがあり、こんな女性ばかりなら逆援助というのはまさに夢のような世界だなと思うのも当然の話ですよね。

結局その時はホテルで二回戦。その時の顔というのは母親でも妻でもない、「女」のものでした。そしてホテルを出て、地元に戻る時も、最寄り駅の二つ前で下ろされました。

そこら辺はやはり警戒しているという事なのでしょう。ここでわがままを言っては相手に負担を掛けてしまう事になりますので、次回を約束してそこでお別れ。その時、封筒を渡されました。

そうです、この関係は逆援助だったのです。ホテルに入る頃には、逆援助という関係を忘れてしまってしましたが、ありさは覚えてくれていたのですね。

結局この日の出費は、この帰りの二駅分の電車代150円。それで二回戦とご飯、そしてお小遣いまでゲットしてしまったのですから、逆援助という関係は男性の理想の関係と言えるでしょうね。風俗に行ったら今日もらったお金を逆に払わなければならないくらいですから、逆援助という関係にのめり込んでしまう男が多いのも納得です。
また、ありさが魅力的だったという事も大きな要因と言えるかもしれません。もしもありさが自分の好みではない女性だったら、お金をもらっても「ま~・・・仕事と思って・・・」と思ってたかもしれません。

しかし、女としての魅力に溢れているありさと体を交え、それでいてお小遣いももらえる。そんな関係というのは他人からすれば羨ましい関係以外の何物でもないですよね。

人妻という艶かしい魅力に溺れてしまう人が多いというのは知っていましたがありさと体を交え、そして逆援助という関係を持つ事で、おぼれる人が多いのも納得する。そんな一日となりました。